タグ:イル・プルー卒研1 ( 10 ) タグの人気記事

フォレ・ノワール

前回のイル・プルーレッスンで作ったフォレ・ノワール。
フランス語で「黒い森」という意味で、黒い森をイメージしてつくられたお菓子ですが
イル・プルー流では、オレンジの香りたっぷりのケーキに仕上げています。

ensoleilleレッスンのデザートに召し上がって頂いたときのみなさんの感想は…
見た目と味のギャップがすごい!
そうなんです、見た目はチョコレートケーキ。でも食べてみるとフルーティ。
とっても爽やかでおいしいケーキです♪

うれしい事に作り方も割と簡単です^^
d0112219_18291670.jpg

また作ってみなきゃー♪

※明日から3日程家を空けます。PCメールの返信が遅れますことをご了承くださいませm(__)m
メインサイトはこちらです。ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
[PR]
by kyroko | 2010-10-08 18:31

カシスとオレンジ

こちらのケーキは、つい先日のイル・プルーレッスンで作ってきたものです。
名前の通り、カシスをたっぷりと使ったババロアの上に
イボワール(ホワイトチョコ)いりのオレンジクレームが乗っています。
ジュレはオレンジベースです。

カシスはとってもキョウレツな印象!
甘酸っぱい味がドドーンと口の中に広がります。
一度食べたら、忘れられないくらい強いお味です。
好き嫌いの少ない私ですが、カシスのように強い味はちょっとニガテ。
d0112219_1114735.jpg

でも、今回のケーキは上に乗っているイボワールとオレンジのクレームのおかげで
おいしく食べることができました。

それにしても、味といい色といい インパクト大なケーキです(笑)
d0112219_112636.jpg

さて、今回のイル・プルーレッスンでとりあえず今後はお休みして来年に振り替えです。

実は、10月から、エコール・エミーズに通うことにしたからなのです♪
今までも、お料理教室へは月1回通っていたのですが
どうやらお料理の魅力にもはまってしまったようで(笑)
パン、ケーキ・お菓子の次はお料理も極めようと思いエコールに通うことに決めたのです。

入学を決めたのは、夏ごろだったので
まだまだ先だわ~なんて思っていましたが、いよいよ今週末に入学式が迫ってきました!
1ヶ月に10回~12回程の東京通い。。。来年にしようかとも思ったのですが
絵美先生をはじめ、まわりの友達もみんな「少しでも早い方がいいよ!」というアドバイスを受け
思い切って今年通うことに決めました。

自宅レッスンをしながら、またPTA役員をしながら大丈夫だろうかと不安もありますが
家族の協力やensoleilleレッスンを楽しみに通って下さる生徒さんの応援を胸に
10月から来年6月までの9カ月間がんばって通学して勉強しようと思います。

泊りがけで行くことも多くなりますので、PCメールのお返事が遅れることがあるかと思います。
お急ぎのご用件で私の携帯メールをご存じの方は、どうぞ遠慮なく送って下さいね^^

メインサイトはこちらです。ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
[PR]
by kyroko | 2010-09-30 01:26

パッションのショートケーキ

イル・プルーレッスンで作ったパッションフルーツのババロアケーキです。
ビスキュイにココナッツファインを振って焼き上げた生地はとってもいい香りです。
中は、ムラングイタリエンヌとイボワール(ホワイトチョコレート)入りのババロア。
トップのジュレはオレンジベースで酸味が少し強目です。

イル・プルーレッスンの試食では、固まりが弱くてやわらかめでした。
でも…お家で十分冷やしてカットしてもやわらかめでした(^_^;)
もう少しゼラチン増やした方がいいかなぁ。
d0112219_0575228.jpg

とっても爽やかで夏向きのケーキです♪

メインサイトはこちらです。ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
[PR]
by kyroko | 2010-09-30 00:59

ロワイヤル

先日行ってきたイル・プルーレッスンで作ったアントルメ。

ビスキュイ・オザマンドの生地の中にブランマンジェに似たババロアが入っています。
間には、漬け込みオレンジと桃をサンドしています。
回りは、ムラング・イタリエンヌでデコレーション。
以前にも作ったケーキと同じ仕上げですが、
上部と側面にはアツアツに焼いたナイフの背のようなもので格子にラインを引き
最後は、オーブン高めの温度で1分焼きます。
d0112219_139899.jpg

このケーキは、ブランマンジェ好きな方は大好きなお味ですね~!
間に入っているオレンジはなくても良いのかも?とは思いますが
そこは、やはり計算されたお味なのでしょう。
回りのムラングもあっさり目に仕上げる為のいい仕事をしているようです。
d0112219_1392837.jpg

ちょうどレッスンが入っていない週だったので、毎日少しずつ結局家族で1台食べました(笑)
もう一台のケーキは、まだ冷凍庫の中で眠ってます。。。またの次の機会にご紹介しますね♪

※10月のスケジュールが都合により遅れております。申し訳ございません。
  来週中にはご案内出来ると思いますので、もうしばらくお待ちくださいませm(__)m

[PR]
by kyroko | 2010-09-05 01:42

トゥリアノン

先日のイル・プルーレッスンで作ったもう一品
「TRIANON トゥリアノン」

上下、中心にはフォンドダックワーズ生地
間にはバタームースとアニス酒にまぶしておいたパイナップルが入っています。
アニス酒は結構クセの強いお酒で、ほんの少量入れるだけで
ケーキの風味が決まってしまうくらいの存在感があります!

バタームースが暑い時期の胃には少々重めな感じですが、
涼しくなったらおいしく食べれるのかも。
d0112219_141519.jpg

冷凍可能なケーキというのがちょっとうれしい♪

メインサイトはこちらです。ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
[PR]
by kyroko | 2010-07-06 01:09

苺とホワイトチョコレート

月末にイル・プルーレッスンへ行ってきました。
作ったケーキの一品「苺とホワイトチョコレート」
d0112219_23122673.jpg

底と中の生地には、ローストして砕いたアーモンドを入れたフォンドマカロン生地。
とても香りがよくて、この生地で焼き菓子1品出来そうです。
これでダックワーズを作ったらきっとおいしいよねー!と comomo* さんと盛り上がりました^^
苺と言っても生の苺は入らず
冷凍の苺ジュースと生クリーム、ホワイトチョコレートを合わせたクレームをはさんでいます。
上には生クリームと苺のジュレで飾り付け。

このケーキ、イル・プル生にはちょっと有名なケーキなんです。

何で有名なのかはこちら…
[PR]
by kyroko | 2010-07-03 23:27

ガトー・オートリシアン

もうすぐ梅雨。
超クセ毛の私は、かれこれ20年くらい縮毛矯正をかけています。
年間だいたい3回ほど。今日やっと美容院に行ってきました。

思い切ってバッサリと髪も切りました。
夜、何も言わない主人に「髪切ったんだよ!」と言ったら
「わかってるよ、似合ってるよ。あらたまって恥ずかしいじゃん。」だって(-.-)
そうなのかなー?ホントは気づいてなかったんじゃないの~?なんて(笑)
だって今年の6月1日の結婚13年目の記念日も忘れてたしー(-_-メ)

さて昨晩に作った 卒研1の最初のレッスンで作ったお菓子の復習。
「ガトー・オートリシアン」
オーストリアのお菓子という意味。
d0112219_2333633.jpg

下の生地はパート・ルベ(発酵生地)です。
発酵生地といっても、ふわふわとパンのようにふくらませてはいけません!という弓田先生。
少しカリッとした固さに焼くのがポイントとか。

発酵生地の上には、一晩漬け込んだドライアプリコットをぎっしりと並べています。
アプリコットの水分を吸収するために少量のクスクスを散らすのですが
近くで手に入らなかったので、少しの米粉で代用。
その上に粉・アーモンド・砂糖で作ったカリカリのグラニテを これまたたっぷり!
d0112219_0263622.jpg

作ってみると意外に簡単な工程でした。
ざっくりとした焼き菓子です♪

メインサイトはこちらです。ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
[PR]
by kyroko | 2010-06-09 23:56

スープ・アングレーズ・ア・ラ・バナーヌ

イル・プルー卒研1の2回目で習ったアントルメ。

イタリアの「ズッパ・イングレーゼ」がもとになったケーキということです。
ズッパとは、イタリア語でスープを意味するらしいのですが
スープに生地を浸して食べたことが始まりのようです。
d0112219_17461694.jpg

ビスキュイオザマンドをスライスして、バナナをカットして並べ
クレームパティシエールとクレーム・オ・ブール(バタークリーム)
それとバナナのリキュールを入れた生地を詰めています。

まわりはムラング・イタリエンヌ(イタメレ)を塗っています。
仕上げに、熱く熱した包丁の背のようなものでラインを引いて、再度オーブンで2~3分焼く、という工程。

見た目もシンプルだし、あまり期待していなかったのですが(失礼!)
これが…とってもおいしかったのです♪
バナナというなじみのある素材とカスタードの生地、
考えてみるとこれだけでもおいしい(*´∇`*)

卒研レッスンなのに、そんなに難しくないお菓子、さらに私好みの味だったので
近々復習してみようと意欲満々です♪

メインサイトはこちらです。ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
[PR]
by kyroko | 2010-06-07 17:52

トゥランシュ・シャンプノワーズ

卒研1メニューの最初のレッスンで作ったケーキです。
記事が↓の「抹茶」と前後してしまったのは、このお菓子冷蔵に戻してしまうと
切り口がとっても汚くなるという事態になってしまったから…(-"-)
ということで、こちらの写真のは、自宅で復習で作ってみたものです。
それでも断面はちょっと汚い感もありますが…(^_^;)

細長いものを切った、シャンパンの入ったお菓子 という感じの意味らしいですが
弓田先生の親友であるパリ「ジャン・ミエ」オーナー
ドゥニ・リッフェル氏のオリジナルのお菓子です。

このお菓子を食べて、イル・プルーで働こう!と思ったパティシエが多いというのも
以前にスタッフからお聞きしました。
d0112219_129740.jpg

工程もとても多いお菓子ですが、2~3日に分けて作ればそんなに難しくないかも(^。^)
なんて、お菓子を習い始めたばかりの私だったら
想像できない言葉だとは思いますけどね。
そう言えるようになったのも、成長の証かしら!?

マール酒(ワインの搾りかすのブドウを発酵させて作ったお酒)をベースに
シャンパンのババロアの間にフランボワーズ、マール酒に漬け込んだ白桃が入っています。
今日のパンレッスンのデザートにお出ししたら、みなさんこの味にとっても感動されていました。
ニヒヒとうれしかった瞬間でした(*´∇`*)

メインサイトはこちらです。ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
[PR]
by kyroko | 2010-06-05 01:33

抹茶のケーキ

先日行ってきたイル・プルー卒研1でのレッスンのケーキ
「抹茶」

抹茶のババロアの上にホワイトチョコレートと抹茶のクレームの2層でできています。
工程も割と簡単なのに、とっても印象深いお味。

私が作ったお菓子をめったに誉めない小6の娘が
「これすっごい!おいしい♪」と絶賛(笑)
d0112219_2283611.jpg

↓のランチパーティのデザートにも召し上がって頂きました^^

メインサイトはこちらです。ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
[PR]
by kyroko | 2010-06-03 23:43


 長野県蓼科のふもとで       フランス菓子&ホシノ天然酵母パン教室をしてます。


by kyroko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ファン

ブログジャンル

画像一覧